新入社員必見!!会社で始めての花見。失敗しないための5つの注意点

花見の時期が近づいてくると、新入社員は人一倍緊張していることと思います・・・。

場所取りはどうしよう・・・
失礼の無いようにするにはどうしたら・・・

などなど。

今回は、新社会人・新入社員の方向けに、
会社主催の初めての花見で失敗しないために気を付けるポイント
を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク


場所取りは早ければ早いに越したことはない!

花見会場で場所取りをするというのは新入社員の仕事ということで定番となってますね。上司に「〇〇君、いいね!」と言ってもらえるように、なるべく良い場所を取りたいと思うところだと思います。

ずばり、
良い場所をとるためには早ければ早いほど有利
ということを覚えておきましょう。

これは当たり前のことですが、早起きするのが辛いなどの理由でサボってしまいがちな部分です。これも仕事の内と割り切って是非早起きをして頑張りましょう!

具体的に何時ごろから場所取りをしていたらいいかというのは、花見スポットによっても変わってくるので何とも言えませんが、人気スポットだと数日前から交代制で場所取りをしているところもあります!逆に何日も前から場所取りをするのを禁止しているところもありますが・・・。事前にしっかりとリサーチしておくことが大切です。

その日の早朝から場所取りをし始めるというのが一般的かと思いますので頑張りましょう!

ちなみに、花見シーズンとは言えど、朝晩はかなり冷え込むので、防寒対策だけはバッチリと行って場所取りをしましょう。

 

社会人としての基本!挨拶はきっちりと

 

これは花見だけではないですが、上司や先輩への挨拶はきちんとしましょう!

花見というのは業務外の時間になるので、ついつい「お疲れっす」みたいなラフな感じの挨拶になってしまいがちですが、まだ会社に慣れてない新入社員の場合は、プライベートの時間もきっちりとあいさつをするように心がけましょう!

お疲れ様です

と、にこやかに、そしてはっきりと挨拶をするだけで印象が全く変わります!意外に見落としがちのポイントなので注意しましょう。

 

会社の花見はどんな服装がいいの?

会社の花見とはいえども、休日を使って業務時間外で親交を深めるのが目的です。服装は基本的に自由で私服でOKすが、あまり派手なものは避けた方がいいでしょう。

また、花見はもちろん外でやるものなので、多少汚れてもいいものを着るといいですね。汚れたら大変そうな洋服だと周りも気を遣ってしまって親交を深めるという意味ではマイナスになってしまいますからね。

そしてもう一点重要なこと、薄手の上着を一枚持って行っておくと便利です!花見シーズンは結構寒いです・・・。カーディガンなどを一枚持っているとかなり重宝しますよ!

 

適度な気遣いを

配膳やセッティング、片付けなどを積極的に行うと好印象です!また、上司のお酒が無い場合は「何かお持ちしましょうか?」とさりげなく気遣ってあげるのもGOODですね(^^)

気遣い過ぎるとかえって悪影響になってしまうことがありますので注意しましょう。あくまで適度に。

 

“楽しむ”というのを忘れないように

会社の初めての花見となると色々と気を遣って緊張してしまうと思いますが、一番はやっぱり楽しまないとです!

楽しんでなさそうな雰囲気を出すと、周りも気を遣ってしまって「あいつ楽しくなかったかな?」と心配させてしまいます。そうなっては今後のためにも良くないので、思う存分楽しんじゃいましょう(^^)

この機会に色々な人と会話をしておくのもいいと思います!なかなかそんなチャンスはないですからね。趣味の話などを楽しんで、自分という人間をアピールしましょう。

もちろん、はっちゃけすぎて失礼があってはだめですが(^^;)節度を守って(あまり飲み過ぎないようにして)楽しみましょう。

 

まとめ

新入社員にとっての大仕事花見。花見を制する者は仕事も制する!?というのは言い過ぎかもしれませんが、少なくともその先の人間関係には多少の影響が出る部分だと思いますので、この記事を参考に是非頑張って、素敵な社会人ライフを過ごしていってください(^^)

 

人混みが嫌な方はこちらも必見!
人混みNGな人必見!人が少ないオススメ花見スポットin東京

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。