ONE OK ROCK(ワンオク)のTakaが日本人ファンに対して苦言。

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)通称ワンオクのボーカルTaka(森内貴寛)が、Instagramで日本人ファンのマナーに対して苦言を呈した。

2017年1月15日~1月24日までニューアルバム「Ambitions」を引っさげて全米ツアーを行っていたワンオクですが、その中で日本人ファンに対しての不満が溜まっていったそうです。

スポンサーリンク


 

内容は・・・

「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね。最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった」

「朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます」

「御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって」

「そりゃ、、気持ちはね、、、わかるよ! 楽しいだろうし。近くでみれて嬉しいだろうし」

「でもね。俺らも人間だからさ、、、限度ってものがあると思うんだよね。なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を! 普段会えないから会いに行く場所ではないから!」

というもの。
うーむ、確かに気持ちはわからんでもない。有名になればなるほど抱える悩みですね。

 

重要なのは海外ツアー中の話ってこと

このニュースで重要なのは、海外ツアー中の日本人ファンに対してってことだと思います。アメリカで頑張ってアメリカ人にアピールしていきたいところを、日本人ファンが最前列を毎回占拠し、出待ち&無断で写真撮影に苦言を呈しているわけですね。

日本でのコンサートで日本人が最前列を占拠したりするのに怒ってるわけじゃないってことですね。当たり前ですが。

バンドとしてアメリカで新鮮な気持ちで頑張っていこうとしてるのに、日本人ファンが最前列を毎回占拠してしまっては・・・意味ないじゃんってなってしまうのも分かる気がします。

かといって、日本人来るな!とも言えないし、日本人もお金を払ってアメリカまで来てコンサートに来ているわけだし。

日本人ファンにしてみたら、
「わざわざ日本から来て応援してあげてるのにそんな言い方ないんじゃない!?」

と怒ってしまいそうですね。今後さらにこの問題が発展していきそうな予感が・・・。

私個人的な意見としては、

別に苦言を呈さなくてもいいんじゃない?

です笑^^:

確かにバンドとしては不満に思うところは多々あるかもしれませんが、わざわざ公に発信しないでもいいんじゃないかなと・・・。スタッフやメンバー間で「いやーほんと困るよねぇ」って話をする程度にとどめておくだけでいいんじゃないかと思いましたね。

まあ、本人としてはまさに我慢も限界状態だったからこうして発信したと思うんですが・・・。

 

ジャスティンビーバーも以前ファンのマナーに対して苦言

海外のセレブアーティストも以前ファンに対して苦言を呈しましたね。有名なのがジャスティンビーバー。

コンサート中のファンの歓声に対してジャスティンが怒りました。

歌ってる途中で絶叫するのやめてほしい。気持ちは分かるけど異常なことだよ。

てな感じで。

その後もファンの絶叫は止まなかったことで、ジャスティンが怒って帰ってしまうという事件もありましたね。これも、個人的には「別にいいんじゃね?」って思ってしまいます^^;

スターは常に歓声を浴びるものです。それがスター本人の意図しない場面だったとしても。これはしょうがないことじゃないでしょうか。不満はあるかもしれませんがスターならそこはしょうがないこととして我慢してあげてもいいんじゃないかと。

 

まとめ

こうしたことから、最近は、

スターと一般人の垣根は無い

と、スター側の人の方が思っているケースが多くなってきてるんじゃないかと思いました。もちろん同じ人間だとは思いますが、スターはスター、一般人とは明らかに立場が違うと思うんです。

有名人になったらこういうストレスもあるというのを知ってて有名人になったんだから、ある程度甘んじて受け入れるしかないのではないでしょうか。(ファンによる犯罪まがいの行為などは徹底的に取り締まらないとですが)

 

ONE OK ROCK情報

歌手の森進一と森昌子の間に生まれたTakaは、ジャニーズグループのNEWSの元メンバー。バンド活動がしたいということでNEWSを脱退、ジャニーズ事務所を辞めた後ONE OK ROCKを結成する。

親譲りの圧倒的な歌唱力によって一躍有名に。海外でも絶大な支持を集める。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。