ギター初心者はエレキとアコギどっちがいい?挫折しない練習方法も伝授

ギターという楽器はとても楽しいです。私もギターをよく弾きます。

でも、挫折したという声もよく耳にする楽器でもあります・・・。

どうしてそんなに挫折しやすいんでしょう?
挫折しないで続けられている人と何が違うんでしょう?

根性?もちろんそれもあるかもしれませんが^^;

私が思う挫折しないでギターがうまくなる方法を話していきたいと思います!

スポンサーリンク


最初に買うべきギターはエレキギター!

guitar-1245903_1280

ギターを始める時はまずはアコースティックギターからと思ってアコギを買ってしまう人が多いように思います。なぜだかそうなってしまうんですよね^^;

ギターを始める時は絶対にエレキから入りましょう!

なぜなら、まず一つ、エレキは弾きやすいからです。

アコギは弦を押さえるのが初心者にはとても固いです。指先が痛くなって挫折してしまう人が多いように思います。一方エレキは弦が格段に柔らかいので初心者でも簡単に押さえることができます。

よく聞くコードの「F」が押さえられない・・・というのも、大抵アコギの弦が固いからなんですね。そりゃ初心者には難しいに決まってます。

二つ目に、「っぽく」弾けてモチベーションアップにつながるからです。

エレキは音を歪ませたりギュイーンなんて特殊な音を出すことができます。それが初心者にはとにかく楽しいんですよね^^;気づいたら何時間でも触ってるってこともあります。

エフェクターというものを使えば音を歪ませたり、跳ね返らせたり(ディレイ)、響かせたり(リバーブ)、うにょうにょさせたり(モジュレーション系)というのが簡単です。

CDで聞くような憧れのロックスターみたいな音が簡単に出せるんです!

簡単なフレーズを覚えて弾くだけでもかなりカッコよく弾けた感触を味わえるので、ギターを続けるモチベーションアップになるんですね。

弾きやすくて面白いエレキの方が挫折せずに続けられると思います。上達したらアコギに挑戦する方が絶対にいいです!

ちなみに、エフェクターについてですが、
初心者は安物でもいいので絶対にマルチエフェクターを買いましょう!色んなエフェクターが一つに入っているやつです。一つ一つエフェクターを揃えるよりは経済的ですし、色んな音色が一つの機械にまとめられているのでいじくるだけでもかなり楽しめると思いますよ!

初心者におすすめマルチエフェクター

こちらはいわゆるアンプシミュレーターというタイプのマルチエフェクターです。アンプシミュレーターとは、アンプから出て来る音をマイク録りした音を再現してくれる機械で、これ一つで色々な音色が作れます。機械の中に初めから搭載されているアンプの種類もエフェクターの種類も豊富で、まさにCDで聞くような音を簡単に作ることができます。

しかもこの機種の値段は驚きです!

アンプシミュレーターは宅録では必須の道具と言えるので、宅録もやりたいと言う方はこの値段だったら一台は持っておいても損はないと思います。

もちろんライブでも即戦力になります!7つもエフェクトを同時使用可能なので、初心者はもちろん、多少上達した中級者・上級者にも十分使える機材ですね。入門時から長く使えると言う意味でもコスパはかなり高いです。

 

ギターを手に持っている時間を多くする

girl-945431_1280

エレキギターが初心者には向いているのはもうわかっていただけましたね。じゃあ次はどうしたら早く上達するかお話ししましょう。

それは、ずっとギターを持ってろ!です。

ソファーでくつろいでいる時も、寝転がっている時も、テレビ見ている時も、ご飯食べている時も、読書している時も、歯磨きしている時も、です。

お母さんに心配されようが、誰に反対されようが、
常にギターを離さず肩から掛けておきましょう^^

こうすることによって上達スピードが一気にアップします。

なぜなら、嫌でも弾いてしまうからです。ポロロンと弾いてしまうからです。本当に何も考えないで練習だと思わずにポロポロ弾いていることで、いつのまにかギターと友達になってスイスイ弾けるようになっています。これ不思議ですが。

弾く内容は本当に適当でいいんですよ!思いついたようにそれっぽく弾けばいいんです^^

ギターという楽器自体に慣れるのでGOODなんです!
初心者はまず最初、ギターの形状に戸惑うと思います。

「えー、弦が多いし、他の弦に触れないように弾くのなんて無理」

といった感じで悩む人は多いんじゃないでしょうか。
こうして常にギターに触れておくことによってギターの構造に慣れていくので、スラスラ弾けるようになるのも早くなります。

弾かなきゃ!と思わずに、
画像のお姉さんのような感じでいいんですよ^^

 

楽譜を見るのもいいけど耳コピもね

lig_yokukikoenaiyo_tp_v

そして、ギターに慣れてくると、本格的に楽曲を弾きたくなってくると思います。そうなったら好きな曲の楽譜を買って練習しましょう。好きな曲というところが重要です。
弾きたくもない曲だと続かないですからね・・・。

そして、とても重要なのが耳コピです。
楽譜を見ないで曲を聴くだけで何を弾いているか探りコピーする方法です。

これは今後のギター人生でもかなり重要になってきます。まず耳か鍛えられますね。そして応用力がつきます。

「ここ弾けばこうなるんだぁ」
「ここの次ここいってもいいんだぁ」

というふうに発見が多いのが耳コピです。

例えば今後、ライブハウスなんかで急遽セッション(即興演奏)をしないといけない場面があるとします。そういう時に耳コピで鍛えた応用力が試されるんですね。即興でコードに乗せてフレーズを弾いたりソロを弾いたりできたらかっこいいですよね!

楽譜を見てもある程度は応用力はつきますが、耳コピの方が理解度・定着度が格段に違います。

ぜひ耳コピも挑戦してみましょう!

 

初心者におすすめ商品の紹介

初心者にはエレキギターがおすすめという風に言いましたが、そんな初心者にかなりおすすめできる商品がこれです。

  • ギター本体
  • ソフトケース
  • チューナー
  • ビック
  • ケーブル
  • ストラップ
  • 小型アンプ

こちらが全てセットで1万円ちょっと!

ネット通販が普及した時代だからこそできる価格ですね。これは正直安過ぎます。商品が届いたらすぐに練習を開始できるっていうのがありがたいですね。

安過ぎて不安なんだけど・・・

っていう人もいるかもしれませんが、最初は本当にこれぐらいのクオリティで大丈夫です。十分練習になりますし、ギターの楽しさを存分に味わえると思います。個人的にはアンプがついているのがでかいと思います。エレキギターはアンプに繋がないと意味ないと言っても過言ではありません。

あとは、簡単な教則本を購入してみるのもいいと思います。

できるだけわかりやすく買いてあるのがいいですね!

 

まとめ

ギターは慣れてしまえば決して難しい楽器ではありません。最初の最初が肝心です!上記を参考にして、挫折しないギターの練習を続けていってください^^

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。